menu

CONCEPT

NEO HOUSE TOKYOについて

Neo House Tokyoは、空き家を改修し、新しい住空間として多くの人から愛される場所に
再生するシェアハウスプロジェクトです。自らアート展示を開催したり、
誰かのワークショップに参加したり、地域住民と一緒にお茶を楽しんだり。
シェアハウスを通して、地域の人々や、東京という街と深く繋がっていく体験を提供します。

アート × ボーダーレス

美しくデザインされたリビングは、時に展示スペースやセミナールームに早変わり。宿泊者は住みながらにして、自らの展示会やワークショップを開催できます。あらゆるイベントに対応可能なリビング兼ギャラリースペースは、実際にアーティスト達の声を反映してデザイン設計されています。
ギャラリー探しや広報活動が難しい外国人アーティストにとっても、住みながらにして日本での展示活動などが行えます。
住居としての落ち着きを尊重しながらも、イベント時には地域との繋がりを感じられる、計算された建築的空間を創造します。

ライフスタイル × ボーダーレス

シェアハウスの中だけで完結させるのではなく、外部のゲストや地域住民を招いて、文化交流ができるイベントを定期的に開催します。ローカルとの深い繋がりを感じられる、今までにない滞在スタイルになるでしょう。
またネオハウスは、アーティストとそうでない人たちの間のボーダーを越境するだけではなく、国籍、宗教、性別、セクシャリティ(LGBTQ)問わず関わり合い、生活を営んでいくことができます。

Facebook Instagram